• アピタル

読書・運動・オンライン会議もOK 都が新コンセプトの宿泊療養施設

新型コロナウイルスオミクロン株

関口佳代子、釆沢嘉高
[PR]

 新型コロナウイルスの家庭内感染を防ごうと、東京都は新しいコンセプトの無症状者向け宿泊療養施設を23日、報道機関に公開した。共用スペースや運動ができる部屋を設けて普段の生活環境に近い環境を提供して無症状の人の入所を促す。感染拡大の主要因である家庭内感染を減らすのが狙い。25日から東京・有楽町で350床を運用する。

 施設は、もともと東京五輪パラリンピックの関連施設だった「東京スポーツスクエア」(千代田区)を利用。部屋をパーティションで区切ってテレビやデスクを設置し、共用スペースには大型テレビや電子書籍のコーナーがあり、電話やテレビ会議の利用を想定したボックス型の防音スペースも用意した。警備用のロボットを巡回させ、日中は医師が滞在し、看護師も常駐する。

 都は現在、軽症・無症状者向けにホテルなど4760室を宿泊療養施設として稼働させ、約2700人が利用している。感染が急拡大する一方で、ホテルへの入所を敬遠する人が相次ぎ、自宅療養者は2万4千人に達している。

 23日に施設を視察した小池百合子知事は「いろんな工夫を凝らし、安心していただけるスペースを確保していく一つのモデルだ」と施設をアピールし、「ご家庭の子供さんや高齢者にうつす可能性がある方々にはぜひ自ら(家族と)距離を置いてほしい」と利用を呼びかけた。2月上旬には、東京都立川市内にも同様の施設を開設し、約650床分を追加するという。(関口佳代子、釆沢嘉高)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]