美濃加茂市長選、藤井前市長が当選確実 受託収賄罪などで有罪確定

戸村登
[PR]

 岐阜県美濃加茂市長選は23日投開票され、受託収賄などの罪に問われ、有罪が確定した無所属で前市長の藤井浩人氏(37)が、無所属で現職の伊藤誠一氏(65)=自民、公明推薦=を破り、返り咲きで4選を果たした。

 藤井氏は市内の選挙事務所で「一人ひとりの気持ちと力をつなぎ合わせるような市政をつくっていきたい」と話した。

 藤井氏は2013年、28歳で当時全国最年少市長として初当選。しかし、翌年、市の浄水施設設置を巡って受託収賄などの罪に問われた。一審の名古屋地裁は無罪判決を出したが、名古屋高裁で懲役1年6カ月執行猶予3年、追徴金30万円の判決を受けた。17年12月に最高裁が上告を棄却し、有罪が確定した。

 藤井氏は一貫して無罪を主張。有罪確定後に市長を辞職した。20年12月に執行猶予期間を終えて公民権を回復し、昨年12月に市長選への立候補を表明した。現在、名古屋高裁に無罪を求めて再審を請求している。

 藤井氏は「司法に関することは私自身の闘い。市長職とは切り離して考えたい」としたうえで、自身の「後継」としていた伊藤氏について「多くの市民の声を聞かないまま、政策が実行されていると感じる」と指摘。新市庁舎建設計画の見直しなどを掲げ、有権者の現市政への批判票を取り込んだほか、市政刷新への期待感などから幅広い支持を集めた。(戸村登)