奈良の大安寺、がん封じの笹酒祭り 今年も笹酒は持ち帰り

清水謙司
[PR]

 南都七大寺に数えられる大安寺(奈良市)で23日、恒例の「がん封じ笹(ささ)酒祭り」があった。例年は境内で笹酒を飲み、健康や長寿を願うが、寺は昨年と同じくコロナ対策をとった。境内の飲食は禁止し、参拝者には容器に入った笹酒を持ち帰ってもらった。

 奈良時代の光仁天皇が境内の竹を使って酒を飲み、健康で長生きしたという伝承にちなむ。命日とされるこの日、毎年法要が営まれ、祈禱(きとう)が行われる。参拝者には祈禱が施された笹酒を授ける。

 訪れた人たちは、寺が用意した笹酒と竹のさかずきのセットを受け取って、境内で静かに参拝していた。祈禱も20分ごとの時間制で行われた。

 大安寺はがん封じの寺として信仰を集めるが、毎年参拝している奈良市の女性(38)は「コロナの終息を願いました」と話した。(清水謙司)