キャンプ間近、ドラゴンズ新人選手に書き留めておいてほしい言葉

有料会員記事

[PR]

 今年も春季キャンプが近づいてきました。選手たちはこの2カ月間、どんなオフを過ごしたんでしょうか。

 昨年、オフの期間中に大島洋平選手の自主トレの様子を見ました。ただひと言、とんでもないトレーニングでした。体力強化のため、トレーニングの量も負荷の大きさも半端ではない。3~4時間、ずっと体幹や筋力トレーニングを続け、それが終わってから、ようやく打撃など技術練習です。

 実績のある一流選手です。が、そこには現状の力を維持しようという発想はありません。めざしているのは「進化」です。そして、もう一つ大事なのは、シーズンの約8カ月間、戦い抜く体力。いろいろな鍛え方はあると思いますが、大島選手はそうやってキャンプ前に体をつくっていました。

 私が現役だったときはオフの…

この記事は有料会員記事です。残り452文字有料会員になると続きをお読みいただけます。