ブルキナファソ首都の基地で兵士が暴動 戦いに必要な訓練など要求

ヨハネスブルク=遠藤雄司
[PR]

 アフリカ西部ブルキナファソの複数の軍事基地で23日、兵士らが暴動を起こし、軍幹部の交代や十分な資機材の支援などを要求して発砲を繰り返した。AFP通信などが伝えた。政府側は、兵士らが権力を掌握したり、カボレ大統領を拘束したりしたといううわさを否定している。

 報道によると、暴動が起きたのは首都ワガドゥグを含む複数の基地。暴動を起こした兵士の一人は、イスラム過激派との戦いに必要な十分な資機材や訓練を求めると訴えた。また、負傷兵に対するより良いケア、亡くなった兵士の遺族らへの手厚い支援、軍幹部の交代なども求めたという。

 一方、ワガドゥグでは同日、現政権に反対するデモ隊が与党本部に火を放った。同国では近年、「大サハラのイスラム国(ISGS)」などイスラム過激派の活動が活発化。過激派の抑え込みに失敗している政府への不満が高まっていた。(ヨハネスブルク=遠藤雄司