もったいない!アベノマスクにこんな使い方 翻弄されて疲れた人も

有料会員記事新型コロナウイルス

江戸川夏樹
[PR]

 8300万枚ものアベノマスクを含む布マスクが、ひっそりと倉庫に眠っている。政府の廃棄方針を受け、再利用したいという声が高まる一方、今まで布マスクの再利用に尽力した団体は複雑な思いを抱える。

 厚生労働省は昨年末から、マスクが欲しいという自治体や個人の希望者を募っている。元々1月14日で締め切る予定だったが、希望者が多いとして28日まで延長することを決めた。

 「子どものよだれかけにリメイクします」。群馬県に住む30代の女性は布マスクを申し込んだ。

 岸田文雄首相が布マスクの廃棄を表明した日に思い出したのは、コロナ禍で食べ物を捨てざるを得ない飲食店のテレビ映像だった。「いろいろなものが簡単に捨てられている。少しの手間で復活するならば、がんばってみたい」。ズボンのひざ当てなどに直して使うことも考えているという。

 神奈川県の元教師の女性(72)は、夫の介護用ガーゼとして使うという。「政府の判断にがくぜんとした。他に選択肢はなかったのか」と怒りを込める。つきあいのある教え子たちと一緒に使い道を考えたいと話す。「日本のもったいない精神を次世代にも伝えていければと思う」

 大阪府のSDGsコンサル会社「ネクストエージ」は、ツイッター上で全国から集めたアベノマスクの再利用方法を公開している。

 コースターや髪留め、化粧水用のコットン、水を浸した布マスクにスプラウトの種を置けば簡易畑となる。ガーゼを数枚重ねてキャンバスにすれば、独特の風合いの絵画が描ける。流行中のキャンプでは、鍋つかみとしても使える。アイデアは満載だ。

 担当者は「このまま捨てられてしまえば、認知度が上がりつつあるSDGsが後退してしまう。布マスクをマスクではなく、ガーゼと考えれば用途は広がる」と話す。

集まりすぎて困ったマスク

 アベノマスクに翻弄(ほんろう)された人もいる。

 「やっと解放される」。神奈…

この記事は有料会員記事です。残り1568文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]