新年度予算案、関連資料に誤り13カ所 衆院予算委で総務相が謝罪

[PR]

 政府が提出した新年度予算案のうち、総務省が所管する参考資料に13カ所の誤りがあったと総務省が24日、明らかにした。立憲民主党の指摘で発覚した。金子恭之総務相は、この日の衆院予算委員会冒頭で「心よりおわび申し上げます」と陳謝した。

 金子氏は「総務省職員が著しく緊張感に欠けていたと言わざるを得ず、まったくもって申し開きできるものではない」と述べた。総務省所管の予算関連資料である「各目明細書」に13カ所の誤りが見つかったという。金子氏は「入力ミスがあり、確認作業も怠っていた」と説明した。

 予算委に先立ち、自民党高木毅、立憲民主の馬淵澄夫国対委員長が会談した。今回の誤りを受け、各省庁が所管する各目明細書を再確認し、25日朝までに結果の報告を受けることで一致。今後、予算委の集中審議を行うことでも合意した。馬淵氏は記者団に「予算書の正当性が疑われる」と批判した。

 昨年の通常国会でも、政府が提出した産業競争力強化法改正案や関税定率法改正案などで誤りは多発した。当時は、新型コロナウイルス感染防止の対応で省庁もテレワークが進んだことで「人が少ないので、顔を突き合わせてチェックする余裕がなく、確認がおろそかになったのではないか」との指摘が出ていた。