官房長官「基地移設を進める考え変わらない」 名護市長選で自公再選

沖縄はいま

西村圭史
[PR]

 沖縄県名護市長選で、同市辺野古への米軍普天間飛行場宜野湾市)の移設を進める岸田政権が推した現職の渡具知(とぐち)武豊氏(60)が再選したことをうけ、松野博一官房長官は24日の記者会見で、「移設工事を着実に進めていくことこそが、普天間飛行場の一日も早い全面返還を実現し、その危険性を除去することにつながるとの考えに変わりはない」と述べた。

 市長選では、自民、公明両党の推薦を受けた現職が、移設に反対する玉城デニー知事らが支援した前市議を破った。松野氏は「地方自治体の首長選挙は地域住民がその地域の様々な課題を巡って判断される機会であり、政府としてコメントは差し控えたい」とした上で、「今後とも、名護市をはじめとする地元の理解を得る努力を続けながら、沖縄の基地負担軽減を図るため全力で取り組んでいきたい」と述べた。(西村圭史)

沖縄はいま

沖縄はいま

続く本土との溝、揺れる米軍基地問題。沖縄でいま、何が起きているのか。[記事一覧へ]