統計不正、斉藤国交相が釈明「20年1月以降も正確と言えない部分」

国交省の統計書き換え問題

[PR]

 国土交通省が基幹統計「建設工事受注動態統計」を書き換えていた問題をめぐり、斉藤鉄夫国土交通相は2020年1月以降に「改善された方法」が取られてきたとしてきた自身の説明について、実際には一部で書き換えが継続されていた可能性があったなどとして、「20年1月以降の数値にも正確とは言えない部分があったと考えている」と釈明した。

 24日午前の衆院予算委で自民党の宮崎政久氏の質問に答えた。第三者による検証委員会の報告書では、国交省は20年1月以降、都道府県に書き換えの取りやめを指示する一方で、本省職員が書き換えを続け、一部の自治体で二重計上が生じていたことが明らかになった。

 岸田文雄首相は、昨年の臨時国会での答弁で20年1月から「修正、改善を行った」と自らも発言していたことを踏まえ、「問題発覚後に国交省内部で不適切な事後対応の問題があった。極めて遺憾だ」と述べた。