• アピタル

沖縄県、まん延防止の延長を要請へ 新規感染は減少も高齢の重症者増

新型コロナウイルス

山崎毅朗
[PR]

 沖縄県玉城デニー知事は24日午前、記者会見を開き、県内に適用されている新型コロナウイルス対応の特別措置法に基づく「まん延防止等重点措置」について、1月末の期限を3週間程度延長するよう政府に要請すると発表した。同日中に伝える。

 この日午前、県対策本部会議で決定した。沖縄県には1月9日から重点措置が適用されていた。1日あたりの新規感染者数は15日に過去最多の1829人に上り、その後はやや減少傾向にある。玉城知事は会見で「感染のピークは越えたものと考えられる。重点措置は一定の効果が得られた」と述べた。一方で、高齢者の重症者が増えるなど、現在のペースで感染者数が減少しても入院者数のピークは1月末、確保病床の50%を下回るのは2月半ばになるとみられるという。(山崎毅朗)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]