【写真まとめ】レジェンド福士加代子 笑顔輝く栄光の軌跡

林敏行
[PR]

 日本の女子長距離界を長く牽引(けんいん)した福士加代子選手(39)=ワコール=が30日、大阪ハーフマラソンを最後に現役を引退する。

 2004年のアテネ大会から、五輪4大会に連続出場。世界選手権には5度出場し、13年モスクワ大会のマラソンで銅メダルを獲得した。13年、16年に大阪国際女子マラソンで優勝した。

 輝かしい成績に加え、明るい笑顔に力強い言葉でも愛された福士選手の現役生活を、写真で振り返る。(林敏行)