尾身会長「状況が悪化すればさらに強い対策必要」 衆院予算委で語る

新型コロナウイルス

[PR]

 「状況がさらに悪化すれば、さらに強い対策が必要になると思う」。感染拡大が続く新型コロナウイルス対策について、政府の対策分科会の尾身茂会長が24日に開かれた衆院予算委員会で見通しを示した。

 立憲の大串博志氏は、政府が「まん延防止等重点措置」の適用地域を拡大させるなか、専門家がコロナ対策の重点を「人流抑制」から「人数制限」へ移す考えを示していることについて、「ちぐはぐ感を覚える人もいる」と指摘した。

 尾身氏は「感染症対策と社会経済活動の両立が求められていると思う」と説明。そのうえで「クリスマス、年末年始、成人式などで感染が拡大した。大人数のパーティーがまた再現されると感染拡大する可能性が強い。国民の努力で抑えることができれば(感染拡大のペースの)鈍化も可能だ」と語った。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]