山林に女性?遺体、遺棄容疑の男逮捕 同居女性「監禁していて死亡」

津布楽洋一
[PR]

 遺体を宮城県白石市の山林に埋めたとして、栃木県警は24日、同市旭町4丁目、無職海部学容疑者(35)を死体遺棄の疑いで逮捕し、発表した。

 県警によると、海部容疑者は2019年12月ごろ、遺体を白石市の山林に遺棄した疑いがある。県警は認否を明らかにしていない。

 当時、栃木県さくら市のアパートで海部容疑者と同居していた女性が今年1月18日にさくら署を訪れ、「アパートに監禁していた24歳の女性が死んでしまい、海部容疑者と山の中に穴を掘って埋めた」と話した。死亡したという女性は海部容疑者がアパートに連れてきたという。

 女性の説明をもとに白石市の山林を捜索したところ、白骨化した遺体の一部が見つかった。県警は特別捜査班を設置し、遺体の身元確認を進めている。

 女性は県警に対し、監禁中に海部容疑者による暴行があったと話した。「いずれ分かってしまうことなので、話すことにした」と述べたという。(津布楽洋一)