• アピタル

治療受けられぬ不安「感じる」69%、若年層は少なく 朝日世論調査

有料会員記事

渡辺康人
[PR]

 オミクロン株による感染拡大が続くなか、22、23日に実施した朝日新聞社の世論調査(電話)では、「第6波」での人々の意識を尋ねた。

 感染した場合に治療が受けられない不安を感じる人は、「大いに」「ある程度」を合わせて69%で、「あまり」「全く」を合わせた不安を感じない人は29%にとどまった。

 「第5波」のピーク後にあたる昨年9月11、12日の調査では、治療を受けられない不安を感じる人は「大いに」「ある程度」を合わせて82%だった。

 今回の調査で、不安を感じると答えたのは女性の75%にのぼった。年代別では60代が77%だった。不安を「大いに感じる」と答えた人は全体の22%で、18~29歳の若年層に限ると8%と少なかった。

 オミクロン株について、これ…

この記事は有料会員記事です。残り533文字有料会員になると続きをお読みいただけます。