• アピタル

岸田首相「3回目接種はモデルナ」 自ら安全性アピール

新型コロナウイルス

[PR]

 岸田文雄首相は24日、自身の新型コロナワクチンの3回目接種について、「これまで2回はファイザー社だったが、3回目はモデルナ社のワクチンを接種したい」と述べた。首相官邸で記者団の取材に答えた。

 政府は米モデルナ社のワクチンを活用して3回目接種の前倒しを進める構えだが、異なるワクチンを打つ「交互接種」には不安の声もあり、首相が自ら接種することで安全性をアピールしたい考えだ。

 首相は「交互接種の有効性については、十分な抗体価の上昇が報告されている」と説明。「交互接種の安全性効果については、英国の研究でも確認されている」とも語った。

 また、モデルナ社製の副反応について、「モデルナワクチンの3回目の接種は1、2回目の接種の半分の量なので、2回目の接種後と比べて発熱などの症状が少ないと評価されている」とも強調し、理解を呼びかけた。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]