個人特定の閲覧履歴や位置情報、提供には同意必須に 総務省が指針案

有料会員記事

杉山歩、江口悟
[PR]

 総務省は24日、オンラインサービスなどの電気通信事業者向けの個人情報保護ガイドラインの改正案を公表した。4月に全面施行される改正個人情報保護法に基づいて、サービスの利用者の情報を第三者に提供する前に、提供先で個人を特定して使われることが想定される場合は利用者本人の同意を得る必要があると明記した。

 改正個人情報保護法は、氏名などの個人情報以外で、第三者が取得すると個人を特定できる閲覧履歴などの情報を「個人関連情報」とし、本人の同意を得ずに第三者に提供することを禁じる。就職情報サイト「リクナビ」を利用した就活生の情報から内定辞退率の予測が算出され、採用企業に販売されていた問題がきっかけとなった。

 改正案の対象は回線設備の保…

この記事は有料会員記事です。残り738文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    平原依文
    (社会起業家・SDGs教育支援会社代表)
    2022年2月7日19時16分 投稿

    【視点】「プライバシーは人権です」ーある高校生にこんなことを言われたことがあります。デジタル時代となった今、ネットやクラウド上にある自分自身の個人情報をどのように扱い、守るのかが非常に重要になってきています。特にZ世代の方々は生まれた時からスマート