復興支援アイドル・ORI☆姫隊 遺構保存に一役 石巻市に寄付

原篤司
[PR]

 復興支援アイドル「みちのく仙台ORI☆姫隊」のメンバー4人が23日、宮城県石巻市震災遺構大川小学校を訪れ、津波で損壊した校舎の前で遺構保存を応援するための30万円を市に寄付した。

 メンバーで小学5年のMIKIさん(10)は「この遺構を大切に保存し、命の大切さを世界に発信し続けてほしい」とあいさつ。寄付金の目録を受け取った市震災伝承推進室の水沢秀晃室長は「ここを拠点として維持し、伝え続けていければと思う。ご協力に感謝します」と話した。

 ORI☆姫隊は東日本大震災を機に結成され、現在は小学生から大学生までの計9人が防災や環境保全などのための活動を続けている。寄付金には、イベント会場での募金やSNSで呼びかけて集めた寄付のほか、CDなどの売り上げの一部も入れた。

 メンバーらは寄付金贈呈式の後、大川小の校庭の草むしりを手伝った。この日、校舎前で語り部として話した大川伝承の会共同代表の佐藤敏郎さん(58)は「この世代の皆さんが大川小のことを考えて一生懸命に活動してくれたのは、すごく意味があること。娘たちに伝えたい」と話した。(原篤司)