ガソリン高騰の抑制策、政府発動へ 13年ぶり店頭価格170円台に

有料会員記事

新田哲史
[PR]

 政府は24日、ガソリンや灯油の価格上昇を抑えるため、石油元売り各社へ補助金を出す方針を固めた。レギュラーガソリンの店頭価格(全国平均)が約13年ぶりに170円以上になり、発動の条件を満たしたとみられる。政府は異例の価格維持策に踏み切る。

 27日以降、石油元売り各社に1リットルあたり最大5円を出す。ガソリン、灯油、軽油、重油が対象だ。具体的な支給単価は近く示す。政府は財源として、2021年度当初予算と補正予算に計893億円を計上している。

 ガソリンや灯油の値上がりの背景には原油の高騰がある。指標となる米国産WTI原油の先物価格は19日に一時、1バレル=87ドル台と約7年ぶりの高値をつけた。新型コロナウイルスオミクロン株の感染が欧米の一部ではピークを越え、原油の需要は徐々に回復すると見込まれている。ウクライナや中東で緊張が高まったことも、供給不安の観測につながっている。

 ガソリンや灯油の値上がりは…

この記事は有料会員記事です。残り207文字有料会員になると続きをお読みいただけます。