「このままいくと終わりだぞ」 18歳の板倉滉を変えた得点王の一言

有料会員記事

照屋健
[PR]

 「お前、このままいくと終わりだぞ」

 プロ1年目。18歳のときにかけられた言葉を、板倉滉(こう)(シャルケ)は今も覚えている。

 「あのバーベキューは僕にとって、大きいものでしたね」

 19日、オンラインのインタビューに応じた板倉は、懐かしそうに振り返る。

 目の前の相手に勝つ。ボールを奪いにいく。サッカーのドイツ2部でセンターバックとして戦う今、そう学んだ原点がある。

 小・中・高と川崎フロンターレの育成組織で育ち、トップへと昇格した2015年。風間八宏監督のもと、MF中村憲剛らを擁するチームのレベルは高かった。「正直、試合に出てもプレーできる自信はなかった」。紅白戦にすら出させてもらえず、ピッチ脇で1人、パスの練習をする日が続いた。

 試合は基本、ベンチ外。遠征にも連れていってもらえなかったある日、たまたま前の試合で退場したFW大久保嘉人(21年シーズンで引退)とGKの3人だけで練習をした。

 「おい、バーベキューやるけど、来るか」

 普段、一緒に練習する機会も…

この記事は有料会員記事です。残り1520文字有料会員になると続きをお読みいただけます。