NY株、一時1千ドル超安 金融引き締めやウクライナ情勢を警戒

ニューヨーク=真海喬生
[PR]

 24日の米ニューヨーク株式市場で、主要企業で構成するダウ工業株平均が一時、前週末より1千ドル超値下がりした。米連邦準備制度理事会(FRB)が早めに金融引き締めを実施するとの見方や、ウクライナ情勢が緊迫していることから株式が売られている。

 ダウがこの日も値下がりして終われば、7営業日続けて下落することになる。ダウは一時、3万3200ドルを下回り、年初からの下落幅は3千ドルを超えた。(ニューヨーク=真海喬生)