最初は遠慮がちだったけど…「選手不足」超えて交わった二つの文化

有料会員記事

仙道洸
[PR]

 人数不足でチームがつくれない。そんな共通の課題を持つ二つの学校が手を取り合い、大会に出場した。二つの異なる文化を持つ子どもたちの絆は、年を重ねるごとに固くなっている。

 今月5日。さいたま市内のグラウンドで、サッカー13歳以下(U13)による埼玉県南部地区大会が開かれていた。

 1回戦のピッチに立ったのは、さいたま市予選を通過した市立大宮南中と埼玉朝鮮初中級学校(ともに同市大宮区)の合同チーム。前半にエースの丁昌平(チョン・チャンピョン)選手(13)が先制点を挙げたが、1―3で敗れた。

 負けはしたが、チームには充…

この記事は有料会員記事です。残り832文字有料会員になると続きをお読みいただけます。