• アピタル

全国の小中高・支援学校の休校状況調査へ 文部科学省

有料会員記事

桑原紀彦
[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大で「まん延防止等重点措置」の対象地域が増えていることを受け、末松信介文部科学相は25日の記者会見で、全国の公立幼稚園、小学校、中学校、高校、特別支援学校の休校状況を調べると発表した。

 調査では、全国の教育委員会を対象に、今月26日時点で休校や学級・学年閉鎖を実施している園・学校数を把握する。31日に回答を締め切り、速やかに公表するという。文科省の担当者は「オミクロン株の急拡大の状況下で、調査データを基に感染対策を考える」としている。文科省は、2020年の一斉休校や昨年の「第5波」の際も、全国の休校状況を調べた。

 松野博一官房長官は25日午…

この記事は有料会員記事です。残り74文字有料会員になると続きをお読みいただけます。