• アピタル

英国、コロナ水際対策を緩和 ワクチン接種者は入国後の検査を撤廃

有料会員記事新型コロナウイルスオミクロン株

ロンドン=金成隆一
[PR]

 英政府は24日、新型コロナウイルスオミクロン株の感染拡大を受けて導入したイングランドでの水際対策のうち、今も残っている入国後のコロナ検査の義務をワクチン接種者に限り2月11日から撤廃する。2月後半の学校休暇に向け、観光産業を活性化させる狙いがある。

 シャップス運輸相は24日の議会で、この規制の撤廃で旅行の準備が楽になるほか、平均的な家庭の海外旅行で約100ポンド(1万5千円)の節約になると強調し「春と夏の行楽シーズンに向けて、航空会社や観光部門に確実な見通しを提供したい」と述べた。

 また、シャップス氏は「私たちの未来は、新型コロナのエンデミック(地域的流行)と共存できるかにかかっている。ちょうど私たちがインフルエンザと共存しているように」との考え方も示した。エンデミックとは、インフルエンザのように流行が一定の地域で繰り返される状態を示す。春には政府として新型コロナとの「共存」に向けた戦略を示したい、と意欲を語った。

 英国は昨年から、コロナ規制…

この記事は有料会員記事です。残り299文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]