歴代最多HRに300勝投手、 最後の審判 疑惑の壁越えられるか 

有料会員記事

遠田寛生
[PR]

 時代を背負った投打のスター選手がついに審判の日を迎える。

 米国野球殿堂入り表彰者の投票結果が、米東部時間の25日午後6時(日本時間26日午前8時)から発表される。

 今年の注目は、ジャイアンツなどで大リーグ歴代最多の762本塁打を放ったバリー・ボンズ氏(57)と、レッドソックスなどで通算354勝を挙げ、歴代最多の7度のサイ・ヤング賞に輝いているロジャー・クレメンス氏(59)だ。

 ともに選考対象の最終年となる10年目を迎える。選ばれるには全米野球記者協会(BBWAA)の記者投票で、75%以上の得票を獲得しなければならない。

 401人による投票があった昨年は、該当者なしに終わった。ボンズ氏は61・8%(248票)、クレメンス氏は61・6%(247票)だった。

 両氏ともに9年間選ばれてい…

この記事は有料会員記事です。残り766文字有料会員になると続きをお読みいただけます。