木下元都議、交通違反12回・免停4回は「たくさんでしょうか?」

有料記事

新屋絵理
[PR]

 昨年7月の東京都議選の期間中などに無免許運転を7回したとして道路交通法違反の罪で在宅起訴された元都議・木下富美子被告(55)の初公判が25日、東京地裁(平出喜一裁判官)であった。検察側は木下元都議が2017~21年の4年間で交通違反を12回繰り返し、免許停止処分も過去に4回受けていた点を指摘し、「極めて悪質で法令順守の意識が欠落している」として懲役10カ月を求刑した。判決は2月15日に言い渡される。

 起訴内容を認めた木下元都議が被告人質問で語った主な内容は以下の通り。

無免許運転で都議会に 選挙活動も

《検察側の質問》

 ――無免許の状態で、昨年4月から原付きに乗り、5月からは車にも乗った。どうしてですか

 「6月末に選挙があり、ポスターの貼り替えは車でしかできませんでした」

 ――6月に車で都議会に行っていたのはなぜですか

 「議会出席のための資料を運ぶこともあり、あれもこれもやらなくちゃというなかで運転しました」

 ――結局、車を使ったほうが便利という気持ちがあったのでは

 「分かりません」

 ――車に乗る必要があるのに交通違反を重ねたのはどうして

 「おっしゃるほどたくさんでしょうか。でもやはり私が認識せず乗り始めたのがいけなかった。1回でも違反すれば罰金がつく認識がありましたが、免許停止につながるところまで理解せず安易にやってしまいました」

《弁護側の質問》

 ――なぜ無免許運転をしたのですか

 「再選を目指す選挙が近づき、プレッシャーが相当大きかった。コロナ下で手伝いを集めるのが難しいなか、街頭活動やポスターを貼る活動で運転しました。規範意識が欠けていました」

辞職勧告でも辞めなかった理由を問われ…

 ――都議会から辞職勧告を2回受けたのに議員を続けようとしたのはなぜですか

 「私自身、(無免許運転は)…

この記事は有料記事です。残り569文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!