「領土」失い衰退してもなお 潜伏続けるIS、刑務所襲撃が示す脅威

有料会員記事

イスタンブール=高野裕介
[PR]

 かつて中東のイラクシリアにまたがる「国家」を樹立した過激派組織「イスラム国」(IS)が20日、シリア北東部で構成員らが収容された刑務所を襲撃した。仲間を脱獄させるために大規模な攻撃を仕掛け、拠点を失い衰退しながらも潜伏を続けるISの脅威を改めて知らしめた。

「大規模で組織的な攻撃」

 「襲撃は200人以上のテロリストが参加し、半年前から準備されていた」

 内戦が続くシリア北東部一帯を実効支配し、刑務所を管理する少数民族クルド人主体の武装組織「シリア民主軍」(SDF)は声明を出し、用意周到な動きであったことを示した。

 襲撃が起きたのは20日夜…

この記事は有料会員記事です。残り1975文字有料会員になると続きをお読みいただけます。