「奇跡的」世界が称賛、初撮影の三角波 92歳海洋物理学者の写真展

有料会員記事

佐々木亮
[PR]

 穏やかな波、荒々しい波、美しい波……。世界を航海して波の観測と研究に打ち込んだ海洋物理学者で、九州大学名誉教授の光易恒(みつやすひさし)さん(92)が初めての写真展「海の波を見る」を福岡市で開いている。刻々と変化する波の一瞬をとらえた、貴重で不思議な光景が並ぶ。

 会場には「波の誕生」「青年期の波」「波齢・波の年齢」などと題した写真十数点が展示されている。

 「海の波の一生は、人間の一生と似ている」と光易さん。風が吹くと、さざ波が誕生し、風からエネルギーを吸収して成長する。広大な海を悠然と伝わっていき、海岸に達して一気に砕け、終焉(しゅうえん)を迎える。

 光易さんは大学卒業後の1952年、当時の運輸省運輸技術研究所に入り、港湾技術に関連して海の波の研究を始めた。65年に九大に転じると、観測のために本格的に外洋に出るようになった。

 船で沖に向かい、加速度や傾斜、位置などを測る機器を海に下ろし、データを集めて解析した。同時に波を目視でも観測し、写真で記録した。データからは波高や周期、向きなどは読み取れるが、周囲の海全体に目を配り、白波や水煙など波が実際にどんな様子をしているかを知るには目視が適しているからだ。

 「船は普通、波の静かな時に出港し、海がしけると戻る。私たちの場合は、その逆」。波が立たないと、研究にならないからだ。大揺れの甲板でしぶきを浴びながら、夢中で作業したと振り返る。「よく遭難しなかったものです」

 「三角波(さんかくなみ)」も、そうして写した1枚だ。

 米国東海岸沖の北大西洋で、1980年秋の大しけの日だった。風が少し弱まったひととき、甲板に下り、うねる波に向かってカメラを構えた。狙って撮ったわけではなく、「やみくもにシャッターを切ったら、偶然写っていた」。

 三角波は周りに比べて異常に大きな波で、船をいっぺんに転覆させる力があることから、古くから船乗りたちに恐れられてきた。だが、どうやってできるのか、そのメカニズムは複雑で現在も研究が続いている。

 写真の三角にとがった波の高さは10メートル以上と推定される。「三角波の撮影は世界初」「奇跡的だ」と研究者の間で注目を集め、「論文に使いたいので貸してほしい」という依頼も寄せられた。

 近年は人工衛星やコンピュー…

この記事は有料会員記事です。残り318文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
  • commentatorHeader
    岡本峰子
    (朝日新聞仙台総局長=多様性と社会)
    2022年1月27日15時5分 投稿

    【視点】稀有な現象を写真でとらえた光易さんの現場にこだわった研究者魂に惹かれて読みましたが、読み進めていって会場が福岡のブックスキューブリックさんと分かって膝を打ちました。福岡勤務時代に、よく通った本屋さんです。 お店はいわば本のセレクトショ