映画興行収入、前年に次ぐ史上2番目の低さ 邦画1位はシン・エヴァ

編集委員・石飛徳樹
[PR]

 映画大手4社で作る日本映画製作者連盟(映連)は25日、昨年の興行収入が1618億9300万円となったと発表した。現在の発表形式に変わった2000年以降ではコロナ禍が国内で広がった20年が過去最低だったが、21年もそれに次ぐ低さにとどまった。

 入場者は1億1481万8千人。1955年の調査開始以来、最低だった20年に次ぐ少ない数だった。アニメなどの日本映画には観客が戻りつつあるが、外国映画はエンターテインメント大作の公開がまだ抑えられていることもあり、興収ベースで19年の3割に至っていない。

 観客1人当たりの平均入場料金は、前年比60円増の1410円だった。映連の島谷能成会長(東宝社長)は「IMAX(アイマックス)など高い料金の鑑賞が増えたことに加え、割引対象のシニアやファミリー層が鑑賞を手控えていることも原因ではないか」とみている。(編集委員・石飛徳樹)

 日本、外国映画の各上位5作は次の通り。(映連調べ、単位・億円、*は現在上映中)

【日本】

①シン・エヴァンゲリオン劇場版(102.8)

名探偵コナン 緋色の弾丸(76.5)

③竜とそばかすの姫(66.0)

④ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”(*45.5)

⑤東京リベンジャーズ(45.0)

【外国】

ワイルド・スピード/ジェットブレイク(36.7)

②007/ノー・タイム・トゥ・ダイ(*27.2)

③ゴジラvsコング(19.0)

④映画 モンスターハンター(12.5)

⑤エターナルズ(12.0)