30代で気付いたオフの大切さ ジャニーズWEST桐山照史さん

有料会員記事

写真・図版
[PR]

突撃 ジャニーズWEST

 1月クールの連続ドラマ「逃亡医F」(日テレ系、土曜夜10時、一部地域を除く)で、主人公の後輩の脳外科医を演じています。日テレの連ドラへのレギュラー出演は、「ごくせん」(第3シリーズ)以来、実に14年ぶり。今回の制作班には当時と同じスタッフさんが何人もいて、懐かしい気持ちになりました。親に見られているような緊張感もありますが、「大人になったね」と言われ、成長を認めてもらえたのはうれしかった。

 「大人」と言えば、30代になってから、プライベートな時間の使い方にこだわるようになりました。ツーリングにダイビング、DIYと、何かを作ったり、体を動かしたりすることが多いです。最近は「キャンプ飯」にもハマっています。20代の頃は仕事一筋という感じだったけど、今はオフの充実度が人間の幅を広げてくれるというか、結果的にお仕事にも良い形でつながる気がしていて。だから、どちらの時間も大切に過ごしたいと考えています。

 そのために大事なのは、やは…

この記事は有料会員記事です。残り342文字有料会員になると続きをお読みいただけます。