• アピタル

名古屋の学級・学年・学校閉鎖のべ359校に 愛知も保健所業務縮小

新型コロナウイルス

[PR]

 東海3県では25日、計5318人の新型コロナウイルス感染が確認された。愛知県は初の4千人台となる4120人、岐阜県は816人で、それぞれ過去最多を更新した。三重県は6日連続の300人超となる382人だった。

 感染急増で、愛知県は26日から、重症化リスクが低い人に対する保健所の業務を縮小する。調査や対応に支障が生じ始めたうえ、「第5波とは異なり容体が急変する人もほとんどいない」(県幹部)ためだ。

 具体的には、発症から10日目まで毎日行っていた自宅療養者の健康観察を3回に減らす。濃厚接触者は感染者本人からの申告によって高齢者や基礎疾患のある人、保育施設や学校の関係者に限って特定し、検査もこの対象者に絞る。それ以外の濃厚接触した疑いがある人には感染者本人から連絡してもらい、不要不急の外出自粛や自身での健康観察などを求める。

 名古屋市教育委員会によると、年明け以降、同市立の小、中、高校、特別支援学校などでは23日までに延べ359校で、学級・学年・学校閉鎖となった。多くは1学級のみの閉鎖だが、小学校と高校1校ずつは学校閉鎖(休校)に。児童生徒と教職員の感染者は24日だけで計237人に上り、影響を受けた児童生徒の数は「とても数えられない」(市担当者)という。

 愛知県立の高校や特別支援学校でも25日までに延べ73校でいずれかの閉鎖に至った。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]