ローカル線の維持・存続を 中国知事会がJR西に要望

高橋豪
[PR]

 JR西日本の長谷川一明社長が、経営悪化で維持が難しくなっているローカル線について、1キロあたりの1日平均利用者数が「2千人以下」の区間で優先的にサービスを見直す考えを明らかにした。中国地方知事会(会長=村岡嗣政・山口県知事)は25日、JR西に路線の維持・存続をオンラインで要望した。

 村岡知事は「住民の生活や地域経済に大きな影響を及ぼすもので、大変懸念している」と発言。また、鉄道網全体としての利便性を確保することを念頭に、「区間ごとの数字で判断するのではなく、ネットワークを維持することを考えてほしい」と訴えた。長谷川社長は「各県と議論して、持続可能な地域交通の実現に向け努力していきたい」と話した。

 要望では、減便や終電の繰り上げを決めた今春のダイヤ改定についても再考するよう求めた。村岡知事は要望後の取材に対し、厳しい経営状況へ理解を示しつつ、「もうかる路線だけ残して後は切るということが行われると日本全体にとって大きな損失なので、個別の路線で考える課題ではない」と話した。(高橋豪)