• アピタル

デルタ期、小児患者の1.4%がICUへ 「感染者増えれば重症例」

オミクロン株新型コロナウイルス

熊井洋美
[PR]

 新型コロナウイルスのデルタ株が主流となった時期に感染し、入院した18歳未満の小児のうち、1.4%が集中治療室(ICU)での治療を受けていたとの調査結果を国立成育医療研究センター国立国際医療研究センターが発表した。流行以前の0.1%より高かった。

 専門家は「オミクロン株の流行下でいま、小児患者が急増している。重症化の懸念がある入院患者が増える可能性があり、注意が必要だ」と話す。

 調査は、国立国際医療研究センターが運営する新型コロナ患者の症例登録システムを使った。

 デルタ株が流行した2021年8月からの3カ月間の小児の入院患者349人と、20年10月からの8カ月間の950人を分析した。入院施設は176あった。

 ICUは重症患者や、重症化の懸念がある患者が入る。

 デルタ株が流行する前は、ぜんそくや肥満など、重症化のリスクが高いとされる基礎疾患がある小児1人がICUに入っていた。

 デルタ株流行期は全体の1.4%にあたる5人がICUに入り、このうち2人に基礎疾患があった。3.2%にあたる11人が肺炎症状などで酸素投与を必要とした。

 この調査では人工呼吸器を着けた例はなく、死亡者もいなかった。

 デルタ株の流行期には、患者が低年齢化する傾向があった。中央値はデルタ株以前が10.0歳で、デルタ株流行期が7.0歳だった。

 年齢層別に感染者数を見ると、流行前は生後3カ月未満が11人(1.2%)▽生後3~23カ月が140人(14.7%)▽2~5歳が156人(16.4%)▽6~12歳が280人(29.5%)▽13歳以上が363人(38.2%)だった。

 一方、デルタ流行期は生後3カ月未満が14人(4.0%)▽生後3カ月~2歳未満が62人(17.8%)▽2~5歳が72人(20.6%)▽6~12歳102人(29.2%)▽13歳以上が99人(28.4%)だった。

 分析にあたった庄司健介・国立成育医療研究センター医長は「デルタ株が重症化しやすいかどうかははっきり言えないが、症例登録があった患者だけでも3カ月で5人がICUに入っていた。患者が大勢出れば重症管理を要する子どもが増えるといえる」と話す。

 現在流行しているオミクロン株では、小児患者の感染も急増中だ。「デルタ流行期の数倍の患者となれば、その中から重症化する患者も一定数出る可能性が高い。改めて感染対策が大切になる」と注意を促している。

 論文はhttps://doi.org/10.1016/j.jiac.2022.01.009別ウインドウで開きますで読める。(熊井洋美)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]