ファミマ、60歳以上に賞与上乗せ 「マイスター」なら最大80万円

有料会員記事

田幸香純
[PR]

 コンビニ大手のファミリーマートは60歳の定年退職後に再雇用した社員を対象に、高いスキルがあると認めれば、賞与を最大年80万円上乗せする「マイスター制度」を導入した。働きがいを感じられる環境を整え、人材の継続的な確保につなげていく。

 出店開発や賃料交渉で高い実績を上げた人や、法務や経理、品質管理部門で高い専門知識がある人を1年間認定して賞与で報いる。

 本社勤務で役職に就かない55歳以上の社員も「マイスター」の対象だが、賞与を上乗せするのは再雇用社員に限る。60歳未満は名誉認定と位置づけるが、認定後、賞与支給日までに再雇用社員になった場合は上乗せの対象になる。

 昨年12月には第1期として…

この記事は有料会員記事です。残り400文字有料会員になると続きをお読みいただけます。