「カンニング手伝わされたかも」 共通テスト流出、紹介サイト悪用か

阿部朋美
[PR]

 大学入学共通テスト初日の今月15日、世界史Bの問題が試験時間中に電子機器などで撮影され、外部流出した疑いがあることが、大学入試センターなどへの取材で分かった。

 問題を流出させたとみられる人物と解答を伝えた人は、家庭教師紹介サイトを通じて知り合っていた。

 サイト運営企業の代表は26日、朝日新聞の取材に、「15日の夕方、講師から『カンニング行為を手伝わされたかもしれない』と連絡があった」と話した。連絡の内容は、担当する生徒から解いてほしいと言われて解答を送ったが、大学入学共通テストの問題かもしれない、というものだった。連絡を踏まえ、問題を流出させたとみられるこの人物のアカウントを凍結したという。

 15日中に、生徒とやりとりがあった複数の講師に、問題を解くように頼まれても対応しないよう、注意喚起をした。代表によると、講師から連絡があった後に、生徒へ事実確認をするメールを送ったが、返信はないという。

 代表によると、サイトには約200人の大学生らが講師として登録。家庭教師を依頼したい人は、サイトに登録後、30日間はサイト上で講師と無料でやりとりができ、その後は個人間で家庭教師の契約を結ぶしくみという。

 今回、問題を流出させた人物は、昨年12月にサイトに登録。無料期間中、講師らとのやりとりは「スカイプ」のIDを教えてほしいといった内容ばかりで、共通テストの解答を依頼するような意図は読み取れず、今回のような事態は「予見できなかった」という。この人物の無料期間は1月7日に終了しており、代表は「試験問題を解いてほしいというやりとりは、スカイプのメッセージ機能を使っていたのではないか。私たちのサービスがカンニングに悪用されていたとしたら、非常に遺憾だ」と話した。(阿部朋美)

大学入学共通テストのニュースはこちら

大学入学共通テストのニュースはこちら

最新ニュース、時間割、受験生応援企画などをお届け。試験当日は問題と解答を速報します。[記事一覧へ]