ブルーダイヤ盗難で冷えた関係、30年ぶり正常化へ タイとサウジ

バンコク=翁長忠雄
[PR]

 タイのプラユット首相とサウジアラビアのムハンマド皇太子は25日、サウジアラビアで会談し、30年余り冷え込んでいた両国関係の修復で合意した。相互に大使を任命するなど外交関係を正常化させる。

 共同声明によると、プラユット氏は会談で、1989年にサウジの宮殿でタイ人使用人が、50カラットのブルーダイヤモンドを含む総額約2千万ドル(約22億7千万円)の宝石類を盗み出した事件について「悲劇的な出来事を遺憾に思う」と述べた。事件に関する新証拠が出てくれば捜査を検討するとした。

 盗難事件のほか、サウジの外交官が殺害される事件が起き、サウジは駐タイ大使を引き揚げ、タイ人労働者のビザ発給を停止、自国民にタイへ渡航しないように呼びかけていた。

 両政府は貿易や相互の投資、人的交流の活発化、安全保障分野での協力などで合意した。またサウジアラビア航空は5月からタイとの直行便を運航すると発表した。タイ政府にとっては、タイ人労働者のサウジ派遣やサウジからの観光客誘致による経済効果に期待がかかる。(バンコク=翁長忠雄)