ブースター接種率、各国で大きな差 英国やドイツは5割 日本は…

オミクロン株新型コロナウイルス

ワシントン=合田禄
[PR]

 新型コロナウイルスオミクロン株が世界で流行するなか、追加接種(ブースター)の接種率は、各国のワクチンの確保状況や政策によって、大きな差が生まれている。

 英オックスフォード大の研究者らによる「Our World in Data」の日本時間26日夜時点のまとめでは、人口100人あたりでブースター接種を済ませた人は、イスラエルは54・3人で、英国54・2人、ドイツ50・4人、韓国50・3人、フランス46・2人、米国25・5人、ロシア6・3人、日本2・3人、インド0・6人だった。

 オミクロン株の感染が他国に比べて早く広がった英国では、2回目の接種との間隔を半年以上から3カ月以上に短縮し、対象者の年齢も拡大して、ブースター接種を加速させた。

 世界最多の感染者が出ている米国も、ファイザー製、モデルナ製のワクチンについて、半年以上だった2回目接種から3回目接種までの間隔を5カ月に短縮し、早めの接種を呼びかけている。(ワシントン=合田禄)

追加接種を済ませた人の割合(人口100人あたり)

イスラエル 54・3人

英国    54・2人

ドイツ   50・4人

韓国    50・3人

フランス  46・2人

米国    25・5人

ロシア   6・3人

日本    2・3人

インド   0・6人

Our World in Dataまとめ。日本時間1月26日夜時点

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]