佐渡金山のユネスコ推薦「ハードルないこと明らかに」 自民・高市氏

自民岸田政権

[PR]

自民・高市政調会長(発言録)

 (新潟県の佐渡金山遺跡の世界文化遺産登録について)来年度の(ユネスコへの)推薦になると、今よりもはるかに状況が不利になることを心配して衆院予算委員会で質問した。林芳正外相が明確に「韓国への外交的配慮は全くない」「韓国独自の主張は全く受け入れられない」という答弁をした。そうすると、今年度に推薦できない理由というかハードルはない、と日本政府も考えていることが明らかになった。

 審議、決定する世界遺産委員会は委員国だけに意思表示の権利が与えられている。来年から韓国も委員国に入ってくる可能性が非常に高く、今よりも状況が悪くなる可能性がある。新潟県知事も「もう結果はともあれユネスコに推薦してほしい」と言っている。その思いを大事にしたい。(記者会見で)