菅直人元首相、維新を「ヒトラー」と投稿 維新は立憲に撤回要求

立憲維新

小手川太朗
[PR]

 日本維新の会は26日、立憲民主党菅直人元首相がツイッターで「(維新は)ヒットラーを思い起こす」などと投稿したとして、立憲に撤回と謝罪を求める抗議文を提出した。

 菅氏は21日、かつて維新を率いた橋下徹氏の名前を挙げて、維新について「主張は別として弁舌の巧みさでは第1次大戦後の混乱するドイツで政権を取った当時のヒットラーを思い起こす」などと投稿した。

 維新の藤田文武幹事長は26日に立憲党本部を訪ねて「事実に基づかない妄言で、誹謗(ひぼう)中傷を超えた侮辱と断じざるを得ない」とする抗議文を提出した。立憲は「個人的な発言であり、党として(の対応は)特段必要はない」(逢坂誠二代表代行)との姿勢だ。

 抗議後、藤田氏は記者団に「ヒトラーになぞらえて公党や私人を批判することは国際社会ではほとんど許容されない」と語った。(小手川太朗)