花組のシブいアニキは何色に咲く? 元宝塚男役瀬戸かずや第2幕へ

有料会員記事

河合真美江

ニュースレター【月刊タカラヅカPlus】を創刊します

タカラヅカをもっと近くに。スターのインタビューやOGの活躍をお届けします。

[PR]

すみれForever:34

 アニキという言葉がぴったりな人。瀬戸かずやさんは宝塚歌劇団花組の男役スターとして18年活躍し、昨年退団しました。シュッとした立ち姿は色気と陰りをまとい、シブい大人の男性を演じさせたらピカいち。「花組のアニキ」と慕われました。苦悩を経て到達した男役の境地とは――。

宝塚歌劇団OGのみなさんが、次の人を指名しながらリレー形式で登場するインタビュー企画。今回は元月組トップスター瀬奈じゅんさんから、瀬戸さんへ。インタビューの詳報をお届けします

 花組には歴代流れる底なしの明るさがあります。時代ごとに色は変わっても、根本のあたたかさは変わらない。そう改めて感じたのは、去年出演した花組・月組100周年記念のOG公演でした。みんなが個性的で、ひとりひとりが「こうありたい」と思っている。己が花組の男役であるということが、花組の男役らしさだと。

 花組に配属されてうれしかった。男役の教科書と思ってあこがれている瀬奈じゅんさんと同じ組でしたから。瀬奈さんはすぐ組替えされてしまいましたが。

Apple PodcastやSpotifyなどで配信しています。音声プレーヤーの右上にある「i」の右上にあるボタン(購読)でリンクが表示されます。

 下級生時代はつらかった。宝…

この記事は有料会員記事です。残り2432文字有料会員になると続きをお読みいただけます。