• アピタル

ワクチン2回の発症予防効果、52%に低下 長崎大など暫定値発表

新型コロナウイルスオミクロン株

安田朋起
[PR]

 新型コロナウイルスワクチンの発症予防効果は現時点で約5割と推定されるとする研究結果を、長崎大などのチームが26日発表した。昨年7~9月の約9割から大幅に低下した。デルタ株からオミクロン株に置き換わったことや、2回接種完了から時間が経ったことが要因とみている。

 研究に参加する東京、神奈川、埼玉、愛知の5医療機関の患者データから、1月1~21日にコロナ疑いの症状で受診して検査を受けた16~64歳の417人を解析。陽性の人と陰性の人にそれぞれワクチン接種歴を確かめ、2回接種を完了した人と未接種の人の陽性率を比較。データがまだ少なく暫定値の扱いだが、発症予防効果を51・7%と算出した。同様の方法で解析した昨年7~9月は88・7%だった。ファイザー社製とモデルナ社製は区別せず、接種者が少ないアストラゼネカ社製は除外した。3回接種の効果も、接種者が少なく算出していない。

 海外では、オミクロン株に対する2回接種の発症予防効果はゼロに近いとの報告もあるという。研究チームの森本浩之輔・長崎大熱帯医学研究所教授は「国内では、海外より発症予防効果が相対的に高い可能性がある。ただ、当初より大きく下がっているのは間違いない。2回接種していても油断せずに感染対策を続けてほしい」と話す。(安田朋起)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]