3回目接種は16%どまり モデルナ敬遠?自治体の準備も追いつかず

有料会員記事新型コロナウイルスオミクロン株

枝松佑樹、ワシントン=合田禄 坂本純也、塩入彩
[PR]

 新型コロナウイルスワクチンの3回目接種が進んでいない。1月末までに約1470万人が対象となっているが、実際に接種を終えたのは全国で約236万人で、接種率は24日時点で約16%にとどまることが厚生労働省の調査でわかった。専門家は「今の流行を抑えることは期待できない」と指摘している。

 同省の集計によると、3回目接種が始まった昨年12月~今年1月末までの接種対象は医療従事者らが576万人、高齢者が650万人、65歳未満が244万人。

 接種回数は、昨年12月が対象876万人に対し約85万回(9・7%)、1月が対象593万人に対し約151万回(25・5%)。同省は「年明けから自治体での接種が本格化する」とみていたが、1月もペースは上がっていない。都道府県別では北海道16・2%、宮城県14・5%、東京都16・8%、愛知県20・4%、大阪府12・4%、広島県19・7%、福岡県14・3%、沖縄県24・4%など。

 2回目接種からの接種間隔を「おおむね8カ月以上後」とした政府の当初方針から2カ月短縮し、医療従事者、高齢者施設の入所者らを対象に昨年12月から開始。一般高齢者は1カ月短縮して2月からとなっているが、自治体の判断で1月中に始めることもできる。厚労省は「現時点の対象者に必要なワクチンは配送済み」として、自治体に速やかな接種を求めている。

 また、対全人口でみると2・3%に過ぎない。専門家でつくる厚労省の分科会は26日、3回目接種を議論。分科会長の脇田隆字・国立感染症研究所長は「オミクロン株の流行を抑えるのを期待するのは難しい状況だ」と分析した。ただ、新たな変異株に備え、追加接種を進める必要はあるとの認識で一致した。

 一方で、米製薬大手ファイザーと独バイオ企業ビオンテックは、オミクロン株に特化した新たなワクチンの臨床試験を始めると25日に発表した。厚労省によると、同社とのワクチン供給に関する契約では、新たなワクチンが開発されれば、年の途中からでも切り替えることになっているという。

 各国の追加接種状況は、ワク…

この記事は有料会員記事です。残り1059文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]