北村前国家安全保障局長、豪州政府から情報功労章

安倍龍太郎
[PR]

 政府は26日、北村滋・前国家安全保障局長が同日付で、オーストラリア情報功労章を受章したと発表した。同章は2020年に創設され、日本人の受章は初めてという。

 内閣情報調査室によると、受章理由は、日本と豪州との外交・安全保障をめぐる情報共有への貢献としている。日豪関係は最近、東シナ海南シナ海での海洋進出を強める中国への対抗を念頭に、「準同盟国」の性格を強めている。

 北村氏は警察庁出身。安倍晋三元首相の秘書官を経て、政府のインテリジェンス(情報収集・分析)を取り仕切る内閣情報官を務め、外交交渉も行った。国家安全保障局長時代には経済安全保障に着目し、局内に「経済班」を新設。中国を念頭に先端技術の情報流出に歯止めをかける取り組みに力を入れた。(安倍龍太郎)