3歳長女を放置死、母親起訴内容認める 知人男性に会うため旅行中

有料会員記事

新屋絵理
[PR]

 東京都大田区マンションで2020年、自宅に長女(当時3)を放置して衰弱死させたなどとして、保護責任者遺棄致死などの罪に問われた母親の梯(かけはし)沙希被告(26)に対する裁判員裁判の初公判が27日午前、東京地裁であり、被告は起訴内容を認めた。弁護人は「どういう刑を(被告に)科すべきか、じっくり審理してほしい」と述べた。

 起訴状などによると、梯被告は同年5月8~11日の4日間、長女の稀華(のあ)ちゃんを自宅に置き去りにしたほか、6月5~13日にも9日間放置して、十分な食事を与えたり医師の診断を受けさせたりせず、脱水と飢餓で同12~13日ごろに死亡させたとされる。

 稀華ちゃんを自宅に残した梯被告が向かったのは、鹿児島県だった。逮捕後の調べによると、同県に住む知人男性と過ごすための旅行だったという。

 事件は6月13日、梯被告の…

この記事は有料会員記事です。残り319文字有料会員になると続きをお読みいただけます。