大阪IR、公費負担ゼロのはずが… 790億円の巨額支出に批判

有料会員記事

筒井竜平
[PR]

 大阪府・市が誘致を進めるカジノを含む統合型リゾート(IR)の整備計画の公聴会で、市が建設予定地の土壌対策費として約790億円を負担する方針を決めたことに批判が相次いでいる。府市はこれまで「IRで公的負担はない」と説明してきたためだ。前例のない措置で、判断の妥当性を問う声が強まっている。

 「市長は約束を破った」

 「本来は背信行為だ」

 「カジノ業者のために多額の公費を使う必要があるのか疑問だ」

 23日に始まった府民向けの公聴会で790億円の負担への批判が続出している。府市はこれまで、「IRは民設民営事業なので、公でお金を出すものではない」(吉村洋文知事、2021年7月21日)、「事業者がお金を払って建ててくれる。市は家賃をもらうだけ」(松井一郎市長、20年10月23日)などと説明してきたため、反発は大きい。

賃料の9割消える負担「まるで慈善事業」

 大阪のIR誘致が実現すれば、大阪湾に浮かぶ人工島・夢洲の一部(49ヘクタール)に、事業者の米MGMリゾーツ・インターナショナルとオリックスを中心とした企業連合が建設費などに約1兆円を投じ、29年秋以降の開業をめざす。

 市によると、事業者が20年…

この記事は有料会員記事です。残り1775文字有料会員になると続きをお読みいただけます。