恵方巻き食べる姿と似てる? 北北西向いて飲む、のり模様の缶ビール

三浦英之
【動画】まさかの「恵方巻ビール」が人気=三浦英之撮影
[PR]

 今年の節分は北北西を向いてビールを飲もう――。

 岩手県一関市の世嬉の一酒造が販売している「まさかの恵方巻(えほうまき)ビール」が人気だ。期間限定の商品にもかかわらず、累計5千本を売り上げている。

 「恵方巻きを食べる姿は、ビールを飲む姿と似ていないか?」。そうひらめいた佐藤航社長(50)が4年前に開発した。

 「赤蔵」(レッドエール)、「金蔵」(ピルスナータイプ)、「黒蔵」(スタウトタイプ)の3種類の缶に、のりの模様を印刷したシールを巻き、底には恵方巻きの具が描かれた円形のシールを貼った。

 佐藤社長は「毎年のように廃棄が問題になる恵方巻きと違い、ビールはその日に飲まなくても、いつでもおいしく飲める。ふざけているようで、まじめに食品ロスに取り組んだアイデア商品です」と話している。三浦英之