「親の気持ち、痛いほど分かる」保育士でもあり母でもある女性の苦悩

有料会員記事新型コロナウイルスオミクロン株

佐藤瑞季、松山紫乃
[PR]

 「わたしは預かるだけでなく、預ける立場でもある。子どもを預けたいという親の気持ちは、痛いほど分かる」。そう語るのは、自らも保育士として働く名古屋市の山本美貴さん(32)。2児を育てる母親だ。

 長男(5)を預けている保育所は、新型コロナの感染者が出たため数日前から休園が続く。長男の面倒を見るため、共働きの夫と交代で休みを取っているという。

 山本さんの周囲にも、同じ状況にある保育士はいるという。「現場は手いっぱいな状況。子どもの命を預かる仕事で、何かあってからでは遅い。そんな中、子どもを急に預けられなくなるというのはつらい。とても複雑な心境です」

 山本さんが勤務する「小鳩(…

この記事は有料会員記事です。残り535文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]