東名あおり運転差し戻し審、被告が起訴内容を否認 横浜地裁

土屋香乃子
[PR]

 神奈川県大井町の東名高速で2017年6月、一家4人をあおり運転の末に死傷させたとして、危険運転致死傷などの罪に問われた石橋和歩(かずほ)被告(30)=福岡県中間市=に対する差し戻し審の裁判員裁判が27日、横浜地裁(青沼潔裁判長)で始まった。石橋被告は「事故になるような危険な運転をしていない」と述べ、起訴内容を否認した。

 事故は17年6月5日夜に発生。一、二審判決によると、石橋被告はパーキングエリアで駐車方法を注意されたことに腹を立て、萩山嘉久(よしひさ)さん(当時45)、妻友香(ゆか)さん(当時39)一家が乗ったワゴン車を道路上で停車させた。そこに大型トラックが追突し、萩山さん夫婦は死亡し、同乗する娘2人がけがをした。

 一審・横浜地裁は危険運転致死傷罪の成立を認め、懲役18年の判決を言い渡した。二審・東京高裁も同罪の成立を認めたが、一審が始まる前に裁判官、検察官、弁護人が争点を整理した公判前整理手続きのあり方を問題視。裁判官が同罪は成立しないとの見解を示したのに、その見解を変えて有罪判決としたことは、被告や弁護側に対する「不意打ち」となることが明らかだと指摘した。その上で、同罪も成立しうるとの前提で裁判員裁判をやり直すべきだとして、審理を横浜地裁に差し戻した。(土屋香乃子)