血統書付きの猫、20億円分購入と偽装か イベント会社社長逮捕

[PR]

 高価な猫を仕入れたように装って不正に消費税の還付を受けたとして東京地検特捜部は27日、猫と触れ合えるイベントの企画などを手がける「LA・Chatte」(東京都中央区)の社長・鄭末広容疑者(70)を消費税法違反などの疑いで逮捕し、発表した。関係者によると、容疑を否認しているという。

 発表によると、鄭容疑者は2018年1月~19年9月、猫の架空の購入費を計上するなどし、約9100万円の消費税の還付を不正に受けたほか、約1億100万円の還付を受けようとした疑いがある。関係者によると、1匹数百万円から1千万円する血統書付きの猫を多数購入したと装い、総額で約20億円を支払ったことにしていたという。

 消費税は、仕入れ時に支払った税額が売上時に受け取った税額より多い場合、国から差額の還付が受けられる。特捜部は東京国税局査察部と合同で実態を調べている。