オミクロン株への評価「岸田首相から発信を」 千葉県の熊谷知事

新型コロナウイルスオミクロン株

小木雄太
[PR]

 全国で感染が急拡大する新型コロナウイルスオミクロン株をめぐり、千葉県熊谷俊人知事は27日の定例会見で「今まで通り新型コロナのリスクを非常に高くとらえる方と、逆にかなり軽視される方と、かなり分断が進んでいる」と述べ、リスクに関する政府の考え方について、岸田文雄首相が国民に向けた記者会見を開いて語るべきだ、との考えを示した。

 熊谷知事は「(感染症法上の危険度の分類で)2類論、5類論とか、インフルエンザと同じとか」などとリスクの捉え方に幅がある現状に懸念を示し、「実態はその真ん中であるべきだと思っている」とした。

 岸田首相や政府に対しては「(オミクロン株に)社会がどういうふうに向き合っていくのか。総括した発信をしていただければ、共通認識を国民の間で持てる」と注文をつけた。

 熊谷知事はこの日、オミクロン株の特性に応じ、県内の重症用病床は増やさず、軽症・中等症用の病床を増やす方針などを発表。「(岸田首相は)3回目の接種や経口薬で(社会が)こういう方向に進んでいく、との見込みなど、将来予測も発信してほしい」と述べた。(小木雄太)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]