「平和実現全力を」 ウクライナ議連が決議案 「ロシア」名指しせず

野平悠一
[PR]

 ウクライナ情勢の緊迫化を受け、超党派でつくる「日・ウクライナ友好議員連盟」(会長・森英介元法相)は27日、国会内で総会を開き、政府に対し、「あらゆる外交資源を駆使して、ウクライナの緊張状態の緩和と速やかな平和の実現に全力を尽くすことを強く要請する」とした決議案をとりまとめた。

 決議案では、緊張感が高まるウクライナ情勢に触れた上で、「こうした状況を深く憂慮し、自国と地域の安定を望むウクライナ国民と常に共にあることを表明する」と強調。「力による現状変更は断じて容認できない」とし、外交努力を通じた解決を求めている。

 今後、各党での調整などを経て、2月中に国会で可決することを目指す。

 一方、決議案では「ロシア」を名指しせず、「情勢は『国外勢力』の動向によって不安定化しており、緊迫した状況が継続している」とし、ロシアへの配慮をにじませた。

 自民党高市早苗政調会長らは昨年の臨時国会で、中国を念頭にした人権侵害への非難決議案の国会提出を求めた。「中国」との名指しを避けたが、調整がつかず見送られた。今国会での可決を目指している。

 この日の総会後、記者団の取材に応じた自民党の盛山正仁・議連事務局長によると、ウクライナの決議案について、森氏は高市氏らが国会提出を目指す非難決議などをあげ、「ある程度平仄(ひょうそく)を合わせて準備した」と説明したという。

 盛山氏は「ロシアという名前をちゃんと出すべきだとか、いろいろ思っているところはあったんじゃないかと思うが、(出席者で)明示的にけしからんとおっしゃった方はいなかった」と話した。

 ウクライナをめぐっては、国境付近にロシア軍が集結。ロシアによるウクライナ侵攻への懸念が強まっている。(野平悠一)